不動産売却の注意点~すぐに買い手から反響のある家について

売主の中には、自分の家への思い入れが強く、こんなにいい家なのだからすぐに売れる!高く売れると思っている売主がいたりします。しかし売主がいくらいい家と思っていたとしても、買い手が「いい家」と思うかはまったく別の話になります。そこには価値観の違いもあり、良いと思っている事が買い手にとって良いとは限りません。

すぐに売れると思っている売主はキケン

確かに売り出し開始してから、すぐに売れる物件があったりするので、可能性が無い訳ではありませんが、すぐに売れる物件には、それなりの理由がある事を知っておきましょう。

①条件が整った物件である可能性
②価格が相場よりも安い物件

①条件が整った物件である可能性

不動産は立地、価格、スペックの順に買い手は購入物件を探していきます。その為、条件が整っている不動産は人気物件となり、購入したいと考える人が当然多くなります。結果的に問い合わせも増え、内覧する人も多くなり、人気物件だとわかれば、早く決めないと他の人が決めてしまうという心理も働き申し込みも早くなる傾向にあります。

②価格が相場よりも安い物件

他の売り出し中の物件と比べて突出して自分の不動産が良い訳ではないのに申し込みが多数くる場合があります。考えられる事は、どこかで他の物件よりも良いポイントがあるという事。ここで考えたいのが価格です。立地やスペックもそうですが、価格面で他よりも低く、スペックも同等なら確実に安い方を選びます。

価格面で他の不動産と差別化ができたため問い合わせが多くなり売れると考えられます。

不動産売却の注意点

①は当たり前の話ですが、②については注意しておかないと売却することで損する事になり得ます。というのも、どうして他のライバル物件よりも低い価格で売り出しを開始しているのかという事!すぐに売りたい!などの理由が無い限りは、売主ならなるべく高く売りたいと考えるはずです。

ということは不動産会社が売る為に価格を下げて売主に提案したと考えられます。

もちろん市場の変化で、不動産価値が上がりこれまでの相場が通用しないという事も考えられますが、急に上がるとは考えづらいので、不動産会社が早く売却するために低い価格を提示したと考えた方が無難です。

要は売主に知識がそれ程ない事を不動産会社に利用され安く売られたと考える事ができます。上記でも言いましたが、売り出しを開始してからすぐに売れない訳ではありませんが、もしもすぐに反響がでる場合は、他に理由がないなら価格面を疑った方がよいでしょう。家を売る方法の記事で不動産会社を味方につける話をしましたが、知識をつけずに不動産会社に任せきりにすると気が付かない内に安く売られてしまう事もあります。

売買価格が低くなると業者が貰える手数料も低くなるので、わざわざ低い価格で売却しないという人もいますが、売主が100万円単位で価格を下げたとしても不動産会社の手数料は数万円しか変わりません。

だとするなら、不動産会社は売らない事には利益にならないので、相場よりも低い価格だとしても、売ってしまった方が得します。ビジネス視点で考えれば理解はできますが、売主の心情からすると許せませんよね。

これは不動産会社のせいにするというよりも、売主自体が相場を把握しておけば回避できる事です。不動産会社に売ってもらう事になるので、お任せする部分はあるのですが、売主の物件ですので最低限相場くらいは把握しておいた方が良いです。

不動産会社の裏事情