不動産会社を味方に付けて家を売る方法

不動産会社の裏事情で賃貸と売買の不動産会社の裏事情を少し紹介しましたが、家を売る際にもっと気を付けておくべきことがあります。味方のはずの不動産会社がいつの間には、自分の味方ではなく買主の味方になっている事があります。味方でなくなってしまうと、売主の要望どおりに売却活動を進める事は困難になりますので納得した売却額で売れなくなってしまいます。

不動産会社が自社の利益に走ると売主にとってマイナスになる

仲介を依頼した不動産会社は売主の物件を売らない事には成功報酬として仲介手数料をもらえません。なるべく売主の要望に沿うように売却しようと試みますが、場合によっては自社の利益(自分の利益)を優先して買い手の味方になる事があります。

わかりやすくする為に例を出すと、

売主は2600万円で売りたい→もし厳しいなら多少は値下げしてもOK
買主は2500万円~2550万円で買いたい

という場合、売主側の仲介業者は通常であれば、高く売りたい売主となるべく安く買いたい買主との相反する考えを理解しつつも売主の要望を通すように動くべきですし、売主はその通りに動いてくれると思っているはずです。

しかし、価格に差が有る場合、折り合いを付けてお互いが納得する価格まで調整しなければいけません。

上記の例の場合で言うと、売主に値下げしてもらうか、買主にもう少し価格をだしてもらうかになりますが、この場合、売主側の仲介会社は売主が最悪値下げしてもOKという事を知っているため、売買契約を成立させるのに売主を説得すれば売却が可能です。

その為、売主を説得して2550万円に値下げして売却する方向に動きます。

何が問題なのか?

味方のはずの不動産会社が買主の味方になって値下げを手助けしている状態なんです。例では50万円なので、まだ許容範囲ですが、この機会を逃すと次はないかも知れない等、不安を煽って値下げさせることもありえるので、そうなってしまうと、何の為に売却するのかとなってしまいます。

実は仲介手数料は売買価格×3%+6万円で計算できます。3000万円で売却した場合は税抜きで96万円、2800万円で売却した場合は90万円の手数料です。

ビックリしませんか?

3000万円で売った場合と2800万円で売った場合の手数料が6万円しか違わないんです。

売主が200万円も下げて売ったとしても、仲介業者は-6万円です。値下げさせてでも早く売った方が業者は得なんです。

不動産会社を味方にするにはどうすればいい?

不動産会社を味方に付けるにはどうすればよいのか?どうにかして味方につけておかないと低い価格で売る事になってしまう可能性があります。

まず重要な事は、売主自身が相場を把握した上で価格をしっかりと設定、売却しても良いラインを決めておくことが重要です。不動産会社に値引き可能などの情報は与えない方が良いと思います。

また、値引きしなければいけない状況をなるべく作らないようにする事が大切で、例えば、いつまでに売却しなければいけない!など売却の期間が制限されるとどうしても、期間が少なくなってしまった場合、売れない可能性を考えて値下げする状況になります。難しい部分もありますが、出来るだけ期間には余裕を持っておいた方がよいでしょう。

また先日、不動産売買仲介会社に勤めている友人に、質問してみたところ、「宅建を持っている友人の知り合いの不動産業者に頼む」と言っていました。友人からの紹介という事で、やはり人間ですので、出来る限り高く売ってあげようと気持ちが働くようです。この点に関しては、非情になれる方もいる為、必ずしも通用するとは言えませんが、宅建を持つ友人とワンクッションあるので、下手な事はできない!と抑制する効果はあるかもしれません。

まとめ

不動産屋を味方につけて売却する方法を紹介しましたが、これだけで不動産売却が成功する訳ではありません。不動産売却に関する知識を付けておくことも大切ですし、どのような流れで売り出していくのかも大事です。家を売る方法は不動産によって変わってきますが、マイナスになる事はできる限り排除していくようにしましょう。

不動産会社の裏事情